沖縄のウタ拝とは

※沖縄のウタ拝ーウタハイー(造語)
「沖縄のウタを拝む、沖縄を拝む」の意。

<OKINAWAという島が紡ぎつづけているもの>をテーマに、沖縄の先達が歩んだ道のり、現在、その先へ想いを寄せて、「音楽・踊り・映像」で表現する舞台芸術。

主宰の辺土名の作編曲は琉球音楽、ポップス、クラシックとジャンルレス。
表現する歌い手、踊り手からはそれぞれに強い「島かじゃー(島の香)」がする。
出演アーティストは県内外から集まる。